SEE/SAW ルベル ヘアケアシリーズ

STORY

PEOPLE

食事とランニングでポジティブな印象へ。
女性たちを「美」導く

浅野 美奈弥 モデル・料理家

3月8日は、女性を祝福し、「女性の生き方」を考える国際女性デー。様々な分野で活躍する6名の女性たちにインタビューを行い、女性の美しさの可能性について語っていただきました。さらに、自由に自分らしく、しなやかに生きる女性たちの魅力に迫ります。

浅野 美奈弥(モデル・料理家)
モデルとして活動する傍ら、フルマラソン出場をきっかけに健康美に目覚める。2019年にケータリングサービス「美菜屋」を開業。2021年7月に「Minaya stand」をオープン。
@minami_asano
minayainc.com


浅野さんが考える女性の美しさ

「モデル時代は体型を気にして、極端に食事の量を減らした無理な生活を送っていました。でも運動を始めたら、お腹が減ってから食事をする幸せを改めて感じて。いまは身体が鍛えられて、健康的な体型と自分に正直でいられることに満足しています」

運動で心をリフレッシュでき、自分自身の表情も生き生きしていったという浅野さん。もっと健康美や食事について知りたいという想いから、モデルをしながら独学で料理を学び、ダイエット検定1級も取得。料理家のアシスタントを経て独立し、今春に「Minaya stand」をオープンした。手がけたお弁当やケータリングがSNSで評判を呼び、撮影現場で大人気だ。

「女性のランニングコミュニティも運営しています。参加した人は生活習慣が改善し、みんな印象がポジティブに変わっていきます。実体験や美容の情報もメンバーでシェアをして、お互いを高め合える。綺麗になるって、精神的に満たされていることだと思いますね」

「食べ物を美味しいと感じる瞬間が最高に幸せ。運動をするとより美味しく感じる。そのいい循環が気持ち良くて。自然な食欲を受け入れる大切さを広げていきたいです」

「美」を支えるアイテム

浅野さんの考える「美」を表現した「美菜屋弁当」。食事を栄養バランスよく楽しんでもらうことがコンセプト。華やかなお弁当は、撮影現場を明るく和やかにする効果も。

WEB 限定インタビュー


浅野さんのお仕事と挑戦したいこと

「美菜屋」の運営、モデルとしての仕事など、忙しい毎日を送る浅野さんの周囲には、最近、若い女性スタッフや仲間が増えているという。

「ケータリングの仕事は朝が早く、仕込みから調理、梱包まで体力勝負です。これまでは、ずっと一人でやっていたのですが、徐々にアシスタントと作業をするようになり、最近は20代のスタッフが社員として加わりました。それぞれ栄養士と管理栄養士で、意見を出し合ってメニューを考えています」

また、飲食店が苦境に立たされているコロナ禍でも、明るい展望を持ち前向きに仕事をこなしてきた。最後に、今後挑戦してみたいことについて聞いてみた。

「海外に渡航できるようになったら、憧れの大会であるNYマラソンにエントリーして、あの街並みの中を走ってみたい。それから、中華料理に興味があるので、アジア圏を巡って味のリサーチをする旅に出たいです。旅先で出会った味でメニュー開発ができたら最高ですね」


お仕事で欠かせないアイテム

「Minaya stand」と「美菜屋」のオンラインショップで購入できるオリジナル商品。使い捨ての食品用ラップの代わりになり、繰り返し使用できる蜜蝋ラップ。害獣駆除されたジビエを使った、犬用のジャーキー。サスティナブルな商品開発は浅野さんのライフワークのひとつ。

プレゼントキャンペーンの応募はこちら


Photo_Okabe Tokyo 
IntervIew&text_Aika Kawada

BEAUTY CITY

サロンでのカウンセリングを通じ、
サロン専売品をいつでも購入できる
会員制オンラインストア。