SEE/SAW ルベル ヘアケアシリーズ

STORY

COLUMN

ヘアスタイリストshucoが選ぶ
SEE/SAWギフト VOL.2

shuco ヘアスタイリスト

愛用しているアイテムだからこそ、大切な人に贈りたい。ヘアスタイリストshucoさんに、ギフトのアイデアを聞く「STORY」の後編は、身近な友人に向けてチョイス。フランスでヘアスタイリストとして活動を始め、日本でも雑誌や広告、TVCMなどで活躍中の彼女に、フランスのギフト文化とSEE/SAW MINI GIFTの素敵な贈り方について語ってもらった。


オンとオフに関わらず、日常的に贈り物をするというshucoさんに、ギフトを選ぶときのこだわりについて尋ねてみた。
「贈る方をイメージしながら選びます。それから、自分のブームが反映されることもあります。例えば、香りに凝っている時は、香りのアイテムを贈る機会が増えたりしますね。新しい情報をキャッチするためにリサーチへ出かけることも大好き。なので、新鮮さと驚きがあるようなアイテムを選ぶように心がけています」と返答が。逆に気をつけていることはあるのだろうか。
「相手によっては消え物を選びます。大人の方はすでにいいものを沢山お持ちですし、こだわりもあると思うので。お店で見つけて気に入ったものは、自分用とプレゼント用に買っておいてストックしておくことも。いただく機会も多いので、すぐお返しできるようにしています」
コミュニケーションの一環として、ギフトが活躍しているようだ。

ヘアスタイリストのアシスタント時代を含め、5年以上フランスで暮らしたという。現地で感じたギフトの習慣や日本との違いについて聞いた。
「フランスはホームパーティが多く、お持たせ的な習慣が盛んでした。例えば、お花やワイン、キャンドル、手作りのパイなどその人らしい贈り物が喜ばれていました。そういう贈り物を通した表現方法は、海外の方は本当に上手。特に、お花を贈る文化が日本よりも強いかもしれません。今も頻繁に贈ることがありますし、自分の家にも必ず花を飾っています」
今回のギフト選びでも、真っ先にブーケを提案してくれた彼女。お花への愛情が伝わって来る。

shucoさんが撮影した、ご自宅に飾っているmihoさんによるアレンジメント

職業柄、多くのヘアプロダクトを知り新作のチェックは欠かさない。ヘアケアアイテムをプレゼントとして贈ることもあるという。
「髪質やヘアケアについての悩みを感じている方に贈ることが多いです。一方で、ヘアケアにあまり興味がない友人に贈ることもありますよ。いいプロダクトがあって、使い続けることで髪の毛を扱いやすくなることを知って欲しくて。ギフトがきっかけになって、興味を持ってくれると嬉しくなります」
そう語る彼女が、今回選んだギフトは同世代の友人と仲間に向けて。ヘアスタイリストならではの、SEE/SAW MINI GIFTを贈るアイディアを教えてくれた。


shucoが選ぶ、同世代の友人に贈るギフト

親友の結婚のお祝いに
SEE/SAW MINI GIFTにCharlotte Chesnaisのヘアクリップを

●ヘアクリップ ¥30,800
 Charlotte Chesnais/エドストローム オフィス ☎ 03-6427-5901
●SEE/SAW ミニギフト ¥2,750/シャンプー・ヘアトリートメント(BALANCE) 各50mL、
 クリアオイル ♭ 10mL ※ヘアサロン専売品

※価格は全て税込みです。

「Charlotte Chesnaisは大好きなブランド。ヘアクリップは、髪の毛をまとめたところに付けたり、レングスが短くてもサイドに刺したらポイントになると思います。ヘアアクセサリーは、大人が使えるシンプルなデザインのものが少ないのですが、こちらはモードな雰囲気にも使えます。感度の高い方に好まれると思います。SEE/SAWの雰囲気や香りにもぴったり。ゴージャスなギフトなので、大切な友人の結婚など、晴れの舞台や記念日の贈り物にいいと思います。SEE/SAW MINI GIFTをハネムーンに携帯してくれたら最高ですね」


shucoが選ぶ、同世代の仲間へのお礼に贈るギフト

SEE/SAW MINI GIFT
ムードに合わせたブーケとともに

●ブーケ ¥7,700
 Mihoflowers/info@mihoflowers.com ※ご注文、お問合せ等はメールでご連絡ください
●SEE/SAW ミニギフト ¥2,750/シャンプー・ヘアトリートメント(BALANCE) 各50mL、
 クリアオイル ♭ 10mL ※ヘアサロン専売品

※価格は全て税込みです。

「フラワーアーティストのMihoさんに『SEE/SAWに合う可憐で洗練されたブーケに』とオーダーしました。詳しく説明をしようとしたら『私もこのシャンプーを使っているよ』と言われてびっくり。偶然にもご存知で、SEE/SAWのイメージや香りに合わせてグリーンフローラル系のお花を入れてくださいました。お花をあげる機会が多いのですが、やはりどこのお店のどなたがブーケを作ったかでセンスが問われます。友人にご馳走になったお礼とか、行きつけのレストランの方へのお礼にいかがでしょう。相手にも気遣いをかけさせず喜んでいただける組み合わせだと思います」


最後に、SEE/SAWのGIFT SETとMINI GIFTの贈り方について、アドバイスをもらった。
「女性はそれぞれテクスチャーや香りや仕上がりにも好みがあるので、まずは小さいサイズで試してもらいたいですね。旅行やスポーツジムなどに小さいサイズを携帯する女性が圧倒的に多いので、喜ばれるのでは。レギュラーサイズは、しっかり使ってもらいたい方に贈りたいです。いずれにせよ、男女ともに幅広い年齢層に気に入っていただけそうですね。髪質も広範囲のタイプに対応できるのではないかと思います」
贈る相手によって、その人の髪質やライフスタイルまで配慮する。ヘアプロダクトを贈るときの心遣い、是非真似してみたい。

※前半のインタビューでは、SEE/SAW定番品を使ったギフトについてお話を伺いました

shuco(ヘアスタイリスト・毛髪診断士)

東京のヘアサロンを経て渡仏。各国のモード誌や広告などを手がける。日本に帰国後も様々な媒体や広告でセンスとテクニックを発揮し活躍。ヘアドネーションなど社会貢献活動にも精力的に取り組む。
www.shucohair.com
@shucohair

Photo_Harumi Obama 
IntervIew&text_Aika Kawada