SEE/SAW ルベル ヘアケアシリーズ

STORY

COLUMN

SEE/SAW HAIR MAKEによる
“印象チェンジ”広がる
スタイリングの可能性

メイクアップのように変化を楽しんで
“印象から美しく”をコンセプトに掲げるSEE/SAW。今回、新たに登場するスタイリングライン『SEE/SAW HAIR MAKE』は、7つのアイテムでバリエーション豊かなニュアンスが表現でき、ヘアサロンやお家でのスタイリングをもっと自由に楽しめるというもの。提案するのは“印象チェンジ”という新しい発想だ。

誕生したきっかけは、女性のスタイリングに対する意識調査の意外な結果からだった。多くの女性たちがサロンでの仕上がりを100点満点とすると、日常的に自分自身がセットするヘアスタイルは、40点と大きく下回る採点をしたのだ。印象学研究の結果(下図)からも、髪はメイクアップと同じように人の印象に大きく影響すると考えられる。


DATA

髪もメイクと同等以上に印象を変える力がある
タカラベルモント化粧品研究開発部

〈ヘアセットあり/なし〉×〈メイクあり/なし〉の4種の刺激画像で印象を調査する実験を行いました。モニター100名を対象に、画像の女性の「魅力度」「清潔感」を評価してもらいます。これらを分析した結果、「魅力度」「清潔感」ともに、〈②ヘアセットあり/メイクなし〉と〈③ヘアセットなし/メイクあり〉は同等の評価であることが判明しました(「清潔感」については〈②ヘアセットあり/メイクなし〉の方が高い評価)。つまり、ヘアセットをすることで女性の「魅力度」「清潔感」を高めることができるという結果が明らかになりました。髪は、メイクと同等以上に印象を変える力があると考えます。

それでは、なぜ女性たちの自身のスタイリングに対する満足度は低いままなのだろう? 日常的にリップの新色を試したり、アイシャドウの色合わせを変える女性たち。コスメのような感覚で、スタイリングアイテムも楽しめたら、ヘアスタイルに対してもっとポジティブになれるのではないか。そんな背景からこのプロジェクトははじまった。 

製品開発でこだわったのは、7つのアイテムをコスメのような感覚で組み合わせられ、女性たちが使いやすい剤形と処方にすること。スタイリングでもっとも肝心なツヤ感とニュアンスの追求、さらには毛先の繊細な表情から髪表面のまとまりまで。スタイリングにおける表現の幅を大きく広げてくれるラインナップに仕上がった。小さなパッケージには、「メイク直しのように髪もお直ししたり、コスメのように集めて楽しんでもらいたい」という気持ちも込められている。 

そもそも、ヘアスタイルはメイクアップに比べると、大きな変化へのリスクが高い。女性たちが「メイクは落とせるけど、髪はすぐ直せないし失敗できない」と消極的な気持ちになるのはよく分かる。そこで『SEE/SAW HAIR MAKE』は、大きなスタイルチェンジではなく、ちょっとした変化で女性たちの変身願望を叶えることを考案。それが、“印象チェンジ”だ。


印象を着がえて、女性たちがわくわくする提案を
女性たちの中にはサロンを出て、「今は素敵なサロン仕上げだけど、明日から無難なスタイリングに戻ってしまいそう」と思う人も少なくない。そんな時こそ、ヘアデザイナーの方々には、“印象チェンジ”を提案してみてもらいたい。女性たちのライフシーンに応じて印象の変化を楽しめるスタイリングをお伝えすれば、今日の仕上がりだけでなく、ちょっと先の未来のスタイルまで提案できる。平日はお仕事シーンに合わせて前髪や顔回りに少しの変化をつけたり、休日のデートやお食事会の時には、華やいだ印象に魅せるなどなど……。女性たちも、印象の変化を楽しむためのヘアデザイナーからのアドバイスを取り入れれば、新たな自分の可能性に気付けるのではないだろうか。

“印象チェンジ”に合わせて、コスメのような感覚で取り入れられる『SEE/SAW HAIR MAKE』。アイテムの選び方や組み合わせの仕方を変え、ちょっとしたテクニックのスパイスを加えれば、新しい日常を手に入れるわくわく感に、きっと胸が高鳴るにちがいない。


HAIR MAKE RECIPE


SEE/SAW HAIR MAKE を使った印象チェンジレシピ

フェミニンもマニッシュも、キュートもエレガントも…。質感や毛先のちょっとした動きの変化で、自由にヘアスタイルを楽しめる。今日をどんな髪で生きよう。自分にワクワクしながら、新たな印象に残る美しさを発見できます。