SEE/SAW ルベル ヘアケアシリーズ

STORY

COLUMN

SEE/SAW HAIR MAKEで実践
「ダウンスタイル」
毎日差がつく印象チェンジ

河嶋 希 ヘア&メイクアップ

from Nozomi Kawashima
前髪よりも印象の変化に大きく差を出せるのが「ダウンスタイル」のアレンジ。ちょっとしたテクニックで差がつく前髪と違って、ワンステップ上がるように感じますが、難しいと捉えがちのアイロンを使ったアレンジも、実は、そんなに複雑なテクニックは必要ないと思っています。例えば、間引くように表面だけ巻いてみたり、毛先にちょっとアイロンを通すだけでも印象が変わります。そして最も大事なことはスタイリングアイテムによる「質感チェンジ」なんです。Style01のストレートヘアのように、ウエットな質感を加えるだけで雰囲気が変わりますし、同じ巻き方でも質感を変えれば全く違う印象に変えることができます。スタイリングアイテムのつけ方も様々で、良い意味でのムラ感を出したり、異なるアイテムを重ねたりして、質感に抑揚をつけるだけで絶妙な差が出せますよ。私がヘアメイクとして関わる撮影現場でも、異なるアイテムを組み合わせて自分だけのオリジナルの質感を作ったりするので、ぜひSEE/SAW HAIR MAKEのアイテムでも色んな質感チェンジに挑戦してみてほしいと思います。


ダウンスタイル 印象チェンジ

DOWN STYLE

Base Style

鎖骨下10cm程度の長さのセミロング。顔周りにレイヤーが入っているので、フェイスラインに沿って髪を動かしやすい。毛量が多く、硬い髪質なので、毛流れに反したアレンジをする時はスタイリングアイテムを根元からもみ込み、しっかりクセづけることがポイント。


Style 01 無垢な印象のツヤありストレート
セミウエットな質感にするだけで、ストレートヘアの純度がより高まる。

Point

01 オイルを塗布

手に馴染ませたオイルを髪の内側から中間にもみ込む。

02 しっかりもみ込む

髪の外側も中間から毛先にかけてしっかりもみ込み、手に残ったオイルは前髪に馴染ませる。

03 コーミング

仕上げのコーミングで、シルエットをタイトに整える。


Style 02 ナチュラルさ重視なら、ゆるめの内巻き
髪表面のツヤ、毛先はまとまりを意識して。カールは“作り込みすぎない”がカギ。

Point

01 毛先を内巻き

毛先5cmをストレートアイロンで、ゆるく内巻きに。

02 スティックを塗布

髪の根元から中間の表面にスティックを塗り、手で撫でつけ整える。

03 仕上げの調整

スティックを指先にとり、毛先をつまんで束感を出す。


Style 03 美人度がUPするウエットな外ハネ
ツヤとキープ力のあるアイテムを組み合わせて、ハネ感を保ったウエットヘアを叶えたい。

Point

01 毛先を外ハネ

毛先5cmをストレートアイロンで外ハネに。

02 ジュレを塗布

中間から毛先をやさしく握るようにジュレを馴染ませツヤを出す。

03 ワックスバームを塗布

ワックスバームを馴染ませた指先で、毛先のハネ感を手助け。


Style 04 計算された女性らしいかき上げ
根元からしっかり立ち上げた前髪と顔周りの大きなカールでレディ感がグッとUP。

Point

01 外巻き&ワンカール

毛束を多めにとり、32mmのカールアイロンで中間から外巻きに。毛先をワンカールだけした束も適度にMIXさせて大きなカール感をつくったら、全体にクリームをもみ込む。

02 スティックを塗布

スティックで前髪のかき上げをキープ。トップから前髪の生え際までを3ブロックに分け、トップから順に根元にスティックを塗布。

03 仕上げの調整

前髪の毛流れをキープするために、スティックを指先にとって中間から毛先を外側に流すように馴染ませる。


Style 05 甘くツヤのある、ふわふわカール
細かく巻いた髪は、ほぐしてツヤを足してロマンティックな印象に。

Point

01 MIX巻き

束を細かくとって、25mmのカールアイロンで根元からMIX巻きに。

02 ジャムを塗布

巻いた毛束をざっくりとほぐしたら、ジャムを全体にもみ込みカールを起こす。

03 バームを塗布

表面の毛束をねじりながらバームをつけ、束感とツヤを足す。


Style 06 シャープな趣のみずみずしいオールバック
女性らしいオールバックを求めるなら、耳上をタイトにしても、トップはつぶさないこと。

Point

01 ワックスバームを塗布

サイドとトップの髪の根元にワックスバームを仕込んで内側のキープ力をUP。

02 オイルを塗布

オイルを全体に馴染ませ、特にサイドのボリュームダウンを意識してオールバックに。


Style 07 大人フェミニンを叶えるランダムウェーブ
アシンメトリーな分け目と太さの違う毛束作りで、一気に上級者らしいムードを演出。

Point

01 波巻き

トップの分け目を7:3に分けたら、ストレートアイロンで全体を波巻きに。

02 ジュレを塗布

ジュレをくしゃっともみ込むように全体に馴染ませてウエットに。

03 仕上げの調整

表面の毛束を適度に割いて、太い毛束と細い毛束をランダムに作っていけば完成。


アイテムの使用量について

ベーススタイルや髪質、スタイリングで表現したいニュアンスによって使用量も変わります。ヘアデザイナーからのアドバイスと、下記の使用量を目安に、ぜひスタイリングにチャレンジしてみてください。


INDEX

河嶋 希(ヘア&メイクアップ)

ヘアサロンで勤務をした後、ヘアメイクアシスタントを経て独立。等身大でトレンドを押さえたヘアメイクが女優やモデルに絶大な支持を得る、ヘアメイクアップアーティスト(io所属)。
@kawashimanozomi_official
www.io-inc.com

Photo_Nae.Jay
Interview&text_Arisa Sato